このページの先頭です

老眼予防の効果も!日常生活で実践したいおすすめアイケア4選!

70views

投稿日:

目を労る栄養素や成分の積極的な摂取

目は、視界と視力という私たちの日常生活に欠かせない重要なメリットをもたらす大切な器官の1つ。身体の様々な部位と同様に、日頃から目に影響をもたらす栄養素の摂取を意識して心がけるだけでも、眼精疲労やドライアイなどに代表される様々な眼病を予防することができると共に、加齢によって自然発症する老眼の発症タイミングを大幅に遅らせることも十分に可能です。

目を労る事ができる栄養素としては様々なものがありますが、中でもおすすめなのが、

  • ビタミンA
  • βカロテン
  • アントシアニン
  • ルテイン

4つです。例えば、ビタミンAであれば、目の細胞の働きを活性化し、網膜を常に正常な状態に維持する役割を担っていますし、βカロテンには、体内に摂り入れることでビタミンAに変化し様々な効果をもたらすなど、いずれの成分も目にとって非常に優しい存在といえるでしょう。

また、ブルーベリーなどのブドウ系の果物などに代表される色素成分であるアントシアニンと、カロテノイドの一種で同じく色素成分であるルテインには、いずれも目の持つ基本的な働きをサポートすると共に、視力の改善や白内障·緑内障などの重篤な眼病の発症を予防する効果も備わるなど、高齢化と共に発症する可能性が高まる様々な症状への対策としても非常に心強い味方となってくれます。

これらの成分は、日々の食生活で何気なく摂取している食物をはじめ、サプリメントなどアイケアの対策商品からも摂取する事が可能なので、最近疲れ目やドライアイなどの症状を実感するようになった方は、これらの症状を改善する対策法の1つとして活用すると良いでしょう。

アイストレッチを用いた目のトレーニング

アイストレッチという言葉をご存知でしょうか?昨今、健康志向の高まりと共に周知されるようになった比較的新しい言葉ですが、これもまたアイケアの一種であり、眼科など専門の診療科をはじめ目に纏わる様々な組織で率先して推奨されている対策方法の1つです。

目という言葉を意味するアイと、軽めの運動という意味を持つストレッチという言葉を組み合わせたこの対策法は、文字通り、目を動かすことによって目とその周辺組織に運動による負担をかけることで、筋肉を鍛えたり凝り固まった組織をほぐすことによる疲れ目の解消などの効果をもたらします。

また、目の重要な働きの1つであるピント調節の役割を担っているのが水晶体と呼ばれる組織とそれを支える毛様体筋で、これらの組織をアイストレッチで鍛えることは、老眼や近眼、乱視などピント調節機能が衰えることによって発症しやすい様々な症状への対策としても有効です。

このほかにも、温めた濡れタオルなどを活用して行うアイストレッチも手軽さから人気となっており、これを行う事で、目の周辺の血液の循環を高められ、同時に筋肉のコリをほぐすことによって涙腺の働きを促し、ドライアイの原因となる潤い成分の不足を補うことができます。

いずれの方法も、特別な道具や器具などは一切必要なく、場所やタイミングを問わずセルフケアで行えるものばかりですから、他のアイケアと共に併用する形で実践する事をおすすめします。

点眼薬を使ったアイケアと眼病予防

従来から多くの方に実践されている代表的なアイケアといえば、目薬を使った方法が挙げられます。目薬などの点眼薬には、目の活動を促進するために欠かせない様々な栄養素が含まれていたり、眼球の細胞を活性化させたり眼球周辺の筋肉のコリや疲れをほぐしピント調節機能をサポートする成分など、天然由来の成分から化学合成によって作り出された成分まで、実に様々な成分が主成分として配合されています。

点眼薬というと薬という印象が一般的ですが、実際のところ、目薬に代表される点眼薬の多くが、今日では目のケアを手軽に行うためのサプリメントのような存在として活用されているのが実状です。

特に、眼科などで処方される医薬品としての目薬とは違い、薬局やドラッグストアなどで手軽に購入できるタイプの点眼薬は、眼病を治療するためというよりも、日頃からの病気の予防や疲れ目の解消、ドライアイ対策となる保湿の役割などで作られているものが多く、アイケアの一環として常用すると良いでしょう。

特に、最近ではスマートフォンやパソコンなど液晶画面とそこに映し出される小さな文字を長時間にわたって凝視するという方が非常に多く、こうした行為はいずれも、ドライアイの原因となったり疲れ目やそれに伴う眼病を発症させる大きな要因となるものばかりですから、こうした行為を日頃から頻繁に行っている方ほど、点眼薬を用いた手軽なアイケアを実践する事をおすすめします。

点眼薬については、常温保存による腐敗を防止する目的から防腐剤成分を含む点眼薬も数多く販売されており、こうした点が点眼薬を手軽なアイケアの手段としてなかなか用いづらいという方も少なくありません。そういった方には、防腐剤が全く使用されていない防腐剤フリータイプの人工涙液と呼ばれる点眼薬も販売されているので、これらを使って目に適切な潤いや栄養素を補いましょう。

目に纏わるツボを刺激して働きを活性化

アイケア効果を持つツボ

東洋医学には、ツボという治療法が存在します。これは、私たち人間の身体中に存在する無数の神経や血管組織の集まりのことで、正式には経穴と言います。このツボという組織の集まりの中には、目に関する神経を多く集積しているスポットがあり、ここを適度な力加減を用いて刺激することによって、目の働きを活性化したり、既に発症している目の疲れや様々な眼病の改善効果を期待することができます。

目に纏わるツボは身体中に存在していますが、中でも「攅竹(さんちく)」というツボが代表的です。このツボには目の周辺の血流を改善する効果があると言われ、ここを適度な力で刺激し続けることで、頭痛の原因を取り除いたり疲れ目の軽減と疲労に由来する眼病予防効果が得られます。また、「攅竹(さんちく)」というツボ以外にも、

  • 糸竹空(しちくくう)
  • 晴明(せいめい)
  • 太陽(たいよう)
  • 四白(しはく)

といったツボがあり、これらのツボはいずれも目に対して良い効果をもたらすスポットばかり。アイケアの方法としても手軽に実践できるでしょう。

指先を使った適度な刺激で抜群のアイケア効果も

目に纏わるツボは、いずれもそこを適切な方法を用いて刺激することによって、目の疲れを解消したり眼病を予防したり、或いは老眼の防止や目とその周辺の弛みを予防するアンチエイジング効果も期待できるなど、目のケアだけに留まらず様々な良い効果も合わせて体感することができる優れたアイケアの1つとしてもおすすめです。

ただし、アイケア効果を持つツボに対しては、ただ闇雲に力を加えて刺激すれば良いというわけではありません。ツボという組織の集まりは前述したとおり、全身の様々な組織に繋がる神経や血管が集まった部位ですから、ここをただ強い力で刺激し続けてしまうと、良い効果をもたらすどころか、逆に身体を痛めてしまったりツボ周辺の組織を破壊してしまう可能性もあります。

これらを念頭に、ツボは両手の人差し指や親指の先を使って軽く押す程度にとどめ、押しても痛みを感じないくらいの力加減で刺激するのが基本的な方法です。また、12回刺激したからといってすぐに効果が実感できるというわけではなく、毎日、一定回数に渡って継続した刺激を行うことによって初めて効果が実感できる方法であるという点に留意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です