このページの先頭です

パソコンやゲームで酷使には要注意!現代人の目を守ろう

18views

投稿日:

画面の見すぎで起こる目のトラブルの原因と症状について

長時間同じ姿勢を取りっぱなしになるのは危険

現代人は仕事やプライベートでパソコンやゲーム、テレビやスマートフォンなどの画面を見る機会が多くあります。短時間であれば問題ありませんが、いずれも数時間、場合によっては1日に10時間以上モニターを見続けていることも珍しくなく、気が付かないうちに目を酷使していることが少なくないのです。

画面を見る際に正しい姿勢を取らないことで、目に余計な負担をかけてしまっているということは意外に知られていません。パソコンを利用したりテレビゲームをしているうちに前傾姿勢になったり、寝転がりながらスマートフォンを使うなどして画面と目の距離が近くなり、さらにその姿勢を何時間も取り続けることで首や肩の筋肉、目の筋肉が凝り固まってしまうのです。

目が物を見る際にはピント調節をしなければなりませんが、この際に利用する目の筋肉が画面を見続けることでずっと働き通しになってしまいます。無理な体勢でいることで首や肩も血流が滞って痛みを生じるようになり、血液や酸素が目に充分に行き渡りにくくなることで、目のトラブルを引き起こしやすくなってしまうのです。

瞬きを忘れてしまう

夢中になって画面を見つめ続けていると、瞬きの回数が減ってしまいます。瞬きには目の水分を眼球全体に覆い乾燥を防ぐ役割がありますが、これが疎かになることで涙の量が減ってしまい目の渇きを感じるようになってしまうのです。これがドライアイの大きな原因となっています。

現代人はコンタクトレンズを使用している人も多くいますので、瞬きの回数減少で余計にドライアイを助長してさせてしまいます。さらにエアコンの使用で湿度の低い部屋にいると、ますます目が乾きやすい状態になってしまうのも問題です。

ブルーライトによる影響

パソコン画面から発せられるブルーライトという光は、その刺激が網膜に届いてしまうほど非常に強いものです。目がチラついたり画面から受ける光で目がショボショボしてしまうなど、疲れ目の症状が出やすくなります。

疲れ目やドライアイを防ぐ対策を行って目を保護しよう

パソコンなどの使用環境を整える

姿勢の悪さが疲れ目と直結している以上、身体に負担をかけないように画面を見られる環境を整える必要があります。

  • 椅子に深く腰をかけて背筋をまっすぐに伸ばす
  • タイピングをするのに楽な机の高さにする
  • モニターの位置は目から50cm以上離す

疲れ目対策には、画面の位置を目線より少し下にしておくのがポイントです。テレビゲームを行う際にも同様の姿勢を意識しましょう。また、寝転がりながらスマートフォンを操作することも控え、なるべく画面を目から離し、いずれも長時間の使用を避けることが大切です。

適切な湿度を保つ

エアコンの風が身体に当たらないように、なおかつ湿度が下がり過ぎないようにすることでドライアイ対策が可能です。当然ですが、空気が乾燥していると目も乾きやすくなりますから、自室やオフィスには加湿器を置いておくことをおすすめします。

また、目が乾燥しないように、画面を見ている時には意識をして瞬きの回数を増やすようにしてください。普段無意識に行っている動作だからこそ、回数が減っても気が付きにくいものです。慢性的なドライアイの人は瞬きの回数が極端に減っていることが多いため、有効な対策になります。

ブルーライトをカットする対策を行う

目の刺激になるブルーライトをカットするフィルターを貼ったり、眼鏡を使用することで負担を軽減できます。最近のモニターにはブルーライト軽減機能が付いているものもあるので、可能な限り使用するのがおすすめです。画面の明るさもなるべく抑えておくようにしましょう。

目薬に頼り過ぎないことも大切

目薬で潤いを補給しても、目の疲れの症状を緩和するだけで一時的な対策にしかなりません。また、1日の使用回数を超えて使う人も多く、薬液に入っている防腐剤などの影響でドライアイの症状を余計に悪化させてしまうこともあります。目薬は適切に使用し、疲れを感じたらこまめに目を休ませる習慣を身につけるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です