このページの先頭です

目の違和感を解消したい!疲れ目とドライアイの原因と対処法!

50views

投稿日:

疲れ目の正体とは?

目を酷使することによる疲れ

目に疲れや違和感を感じるようになると、目がかすんだり違和感を覚えることがあります。普段の生活の中でも目から多くの情報を得ていますが、普段以上に目を酷使することによって疲れ目になりやすいです。

目を酷使する状況としては長時間のパソコンの使用、集中力のいる細かい作業、自分の視力に合っていないメガネやコンタクトレンズの使用などが考えられます。自分でも知らぬ間に目を酷使していることが多いので、意識的に目を休めることが大切です。

疲れ目対策

目が疲れてきたと感じた時には自分でも気づかぬうちに目を酷使している状態なので、目を休めることが基本のケアとなります。疲れ目対策としては定期的に目を休めることが大切なので、1時間に数分は目を休めることを意識しましょう。

ほんの少し目をつむるだけでも、目を動かしたりピントを合わせる筋肉を休めることができます。また目が疲れてきたと感じた時は目が乾いている状態が多いので、まばたきを意識的にしたり目薬をさすことで疲れ目を軽減することができます。

ドライアイはこんな病気

ドライアイの症状

ドライアイとは名前の通り目が乾いた状態の病気です。目は涙によって目の表面が保護されていますが、涙の量が不足することによって目の表面が傷ついてしまう病気です。まばたきの回数が少なくなることで目の表面が乾燥しやすくなり、ドライアイになってしまいます。

ドライアイになると疲れ目だけでなく、目のかすみや違和感を感じることが多くなります。そのためまばたきとドライアイには密接な関係があると言えます。

自分でできるドライアイ対策

自分でできるドライアイ対策としては、目が乾かないように注意することが有効な対策となります。目は知らぬ間に乾いてしまうことが多いので、意識的に目が乾かないように気をつけることが大切です。

目が乾かないようにするためには、まばたきの回数を多くしたりエアコンの風を直接当てないなどの対策が有効です。またドライアイは自分の視力に合わないメガネやコンタクトレンズを使用することでもなりやすいので、定期的にチェックすることが大切です。

眼科での治療

ドライアイは自分でケアすることもできますが、目に違和感を感じて不安な時は眼科で診察してもらいましょう。眼科では症状の状態や普段の生活の様子を聞いてから診察をします。普段の目の状態をチェックすることで普段の生活環境をチェックできるからです。検査では涙の状態をチェックし、ドライアイの症状によって処方箋の目薬を出してくれます。

病院から処方された目薬は市販の目薬と違うので、自分の目の状態を改善するために必要な成分が配合されています。ドライアイの症状が改善されてきたと感じても、通院することでしっかりと治すことができます。

目が乾くとどんな不具合があるの?

目の乾きによる影響

疲れ目やドライアイに共通する症状としては、目の乾きによる悪影響が関係しています。目が乾くことによって目の本来の機能が低下してしまったり、目に違和感を感じるなどの影響があります。目が乾く要因としてまばたきをしないことが挙げられますが、パソコン画面を凝視するなど集中することでまばたきの回数が減ることで目が乾きます。

目が乾くと目が疲れたりかすんで見えたりしますが、これは乾きによって目の周りの筋肉に余計な負担がかかることでなります。目をケアするためにまばたきをすることによって涙が目の表面を潤してくれますが、目を見開いた状態が続くと目の表面が乾いてしまいます。目が乾くと疲れ目やドライアイになりやすいので、目を乾かさないことが大切です。

目の乾きと疲れ目の関係

目が乾いてくると疲れ目やドライアイになりやすいですが、目の乾きによって疲れる理由は目のピント機能にあります。目の表面は本来ならば涙で保護されていますが、乾いてくると目の表面が滑らかな状態ではなくなってしまいます。目の機能としては目の中の水晶体を通して物を見ることができますが、これは見たい物に自然とピントが合うように筋肉が動いて調整しています。

目の表面が涙で潤っている正常時には自然とピントを合わせてくれますが、目の表面が乾いてしまうと上手く目のピントを合わせることができません。このため目がかすんでしまったり、違和感を覚えるようになります。

この目のかすみを調整するために脳が頑張って筋肉を動かそうとするので、筋肉の緊張状態が続いて目が疲れやすくなってしまうのです。目の疲れと乾きには密接な関係があるので、普段から目が乾かないように対策することが必要です。

自分でできるアイケア

同じ姿勢で集中し過ぎない

疲れ目やドライアイは日頃の生活習慣による影響が大きいので、自分でもアイケアをすることができます。目の乾き対策としては長時間同じ姿勢で集中し過ぎないことでもケアできます。

集中するとどうしても目を見開いてまばたきするのを忘れてしまうので、目が乾きやすくなります。また同じ姿勢を続けると目の酷使だけでなく、他の体の部位にも影響するので、血行が悪くなって疲れやすくなるので注意しましょう。

意識的にまばたきをする

目の乾きを予防するためには意識的にまばたきをすることで、目が乾くのを防ぐことができます。まばたきは無意識のうちにしているものですが、集中することでまばたきの回数が大幅に減ってしまいます。またエアコンや扇風機の風が直接目に当たることによって、目の表面が乾きやすくなります。意識的にまばたきをすることで、目の表面の乾きを防ぐことができます。

目薬をさして目の潤いキープ

目の乾きを補うために目薬を使用するのも、疲れ目やドライアイ対策として有効な手段のひとつです。目薬は潤いを与えてくれるだけでなく、目の辛い症状を和らげてくれる成分も入っています。目のピント機能を回復させてくれる成分や、目の代謝をアップさせてくれる商品もあるので、自分の辛い症状に合わせて目薬をさしましょう。

直接目に風を当てない

ドライアイ対策として気をつけたいことは、目に直接風を当てないことが大切です。普段の生活ではエアコンの風だけでなく、扇風機や空気清浄機などの風も目に影響を与えます。風が目の表面に当たるだけでも乾きやすくなるので、できるだけ目に風を当てないこと対策となります。

特に乾燥した部屋の中では目の表面も乾燥しやすいので、加湿をしっかりすることが大切です。エアコンの風が当たる場所からはなるべく離れるなど、普段の生活でも簡単に意識することができます。目の表面の乾きを感じる前に、自分から風に当たらない場所に移動しましょう。

蒸しタオルによるリラックス効果

疲れ目対策として有効な手段のひとつに、目の周りの血行を良くしてリラックスすることで目をケアすることができます。目の周りの筋肉を使うことによって目が酷使されていきますが、目が疲れてくると顔や肩の筋肉まで疲れてしまいます。これは物事に集中することによって目だけでなく、他の筋肉も凝り固まってしまう状態なので、リラックスして筋肉をほぐしてあげることが大切です。

目の周りの筋肉は目のピント機能を調整する筋肉があるので、疲れ目になるとこの筋肉が酷使されています。血行を良くすればリラックス効果もアップするので、蒸しタオルを目の上に置いてケアしましょう。リラックス効果によって目の筋肉もほぐれるので、疲れ目対策として有効に活用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です