このページの先頭です

眼精疲労を解消したい!ドライアイの予防対策とは? 

27views

投稿日:

眼精疲労の症状と原因について!

近年、パソコンやスマートフォンの長時間の使用で、疲れ目の人が増えていると言われています。この疲れ目が長く続くような場合には、眼精疲労になっている可能性があります。

目の疲れが取れない人は眼精疲労かも!?

最近、PC作業などでよく目が疲れたと思う人は、疲れ目が慢性的に続いており、眼精疲労に発展している可能性があります。実は、疲れ目には大きく分けて二つあります。一つは、一時的な休憩によって回復するもので、眼疲労といいます。そして、もう一つは、休息を取っても目の痛みや頭痛、肩凝りなどの症状が残るもので眼精疲労といいます。

眼精疲労の原因とは?

近年、増える傾向にある眼精疲労ですが、これは一体何が原因なのでしょうか。実は目の疲れの蓄積だけが原因ではありません。眼精疲労の原因については、以下の通りです。

目の異常や病気

近視·乱視·老眼·白内障·眼瞼下垂など、さまざまな目の異常や病気などが原因で眼精疲労は起こります。これらの目の異常や病気などで視力が下がったり、物が二重に見えたり、視野が狭くなった時に、目を凝らして意識的にピントを合わせるため常に目の緊張状態が続いてしまい、眼精疲労が起こると言われています。

生活環境

生活環境における眼精疲労の代表的なものに、画像端末処理によるストレスがあります。パソコンやスマートフォンなどの画面を長時間凝視し続けるため、自然とまばたきの回数が減ってしまい、目の乾いた状態が長く続いて目が疲れやすくなります。

また、目の乾いた状態が長く続くような生活をしていると、ドライアイの発症にも繋がります。また、その他には、明るすぎる部屋の照明や、エアコンや空調による乾燥、周辺機器が発する騒音なども眼精疲労の要因となります。

ストレスなどの心的要因

仕事上や家庭内のストレスや神経症、自律神経失調症などの精神的なものの影響によっても、眼精疲労が起こる可能性があります。ストレスが蓄積してくると、不安感やイライラなどの影響から、身体全体に対して高血圧や血行不良、胃潰瘍などといった病気が引き起こされやすくなります。その中の一つとして、眼精疲労になる可能性もあるのです。

眼精疲労の予防対策!

眼精疲労の原因には、目の異常や病気、生活環境、精神的ストレスなどが隠れていることもあるため、単なる疲れ目として簡単に片付けることはできません。しかし、目の疲れが蓄積した結果起こる慢性的な眼精疲労には、以下のような対策が効果的と言われています。

十分な睡眠をとる!

睡眠中は目を閉じているため、眼球の緊張状態がなくなり、筋肉がリラックスできます。また、熟睡して瞳が上向きになることで光を感じなくなります。この眼の中に光が入らない状態を作ることで、眼球のリラックスに繋がるのです。

十分な睡眠は健康な身体作りのためにも必要ですが、目の疲れを取るためにも大切なことなのです。日頃から、十分な睡眠を心掛け、しっかりと目を休ませるようにしましょう。

目を温める!

蒸しタオルなどで眼球やその周囲を温めることで、血液循環が良くなります。特に、目の周囲には交感神経から副交感神経に切り替わるスイッチがあるため、リラックス効果が生まれ、目の緊張も自然と和らいでいくのです。すると疲労物質が取り除かれるため、目の疲れも同時に取れていくのです。

眼精疲労の原因は一つではなく、さまざまな原因が重なり合って起こることも多いと言われています。そのため原因を取り除いても眼精疲労が続く場合には、医師による診断を受けることをおすすめします。

近年増えているドライアイについて!

近年は眼精疲労と同様に、ドライアイの患者も年々増えおり、また、眼精疲労とドライアイの両方を発症している人も少なくありません。基本的にドライアイを予防するためには、涙の蒸発と目の乾燥を防ぐことが重要なポイントです。

ドライアイの対策には、目が疲れない環境を作ったり、パソコンやスマートフォンの使用時にはまばたきの回数を意識的に増やすようにしたり、生活環境を改善していくことが大切です。

ドライアイの症状とは?

ドライアイは、涙の量や質に異常があって、目の表面が傷つきやすくなっている状態であり、そのために目に痛みが生じたり、目がゴロゴロしたり、目ヤニが出たりする症状が現れます。

また、基本的に男性よりも女性の方がドライアイになりやすく、また、目が大きい人や高齢者などは、特にドライアイになりやすいと言われています。しかし、大抵の場合は、生活環境などの環境的な要因が原因と考えられます。

ドライアイの予防対策について!

ドライアイは涙の蒸発と目の乾燥が原因であるため、ドライアイを防ぐためには、これらのケア対策をしていく必要があります。

目が疲れないように休憩時間を取る!

パソコンやスマートフォンなどを長時間使用する際には、こまめに休憩することを心掛けましょう。例えば、1時間パソコン作業をした場合には、10分間の休憩を取るようにしましょう。また、目の負担を軽減させるために、パソコンの画面は、上から下へ見下ろすような向きに置くといいでしょう。

意識的にまばたきの回数を増やす!

パソコン作業などに集中している時は、まばたきの回数が自然と減少する傾向にあります。通常よりも4分の1程度まで減少するため、意識的にまばたきをするように心掛けましょう。

ドライアイ用のメガネの着用!

ドライアイ用のメガネの着用をすることで、涙の蒸発を防ぐ役割をしてくれます。特に空気が乾燥している環境で作業している人や、ホコリや花粉などの外的刺激を防止したい人などにもおすすめです。

適度な運動とバランスのよい食事をする!

運動すると全身の血行が良くなるため、涙の分泌を促進させます。また、ドライアイに対してはビタミンの摂取が効果的と言われているため、ビタミンCが豊富な果物類や、ビタミンB群が豊富なレバーや豚肉などの摂取がおすすめです。

部屋を乾燥させない!

部屋の湿度が低い場合には、涙が蒸発しやすくなるため、目も乾燥しやすくなります。特に、冬場は夏に比べて湿度も低下しているため、加湿器を使用するなどの対策を取りましょう。また、タバコの煙も目の乾燥を招いてしまうため、禁煙することでドライアイが改善することもあります。

目薬を使用する!

ドライアイには目薬が効果的ですが、ドラックストアなどで販売されている目薬には、防腐剤や血管収縮剤などが配合されているものが多くあります。そのため、目薬の成分表を確認し、防腐剤や血管収縮剤が含まれていないものをポイントに選ぶといいでしょう。また、ドライアイには、ヒアルロン酸などの目に潤いを与えながら保護する成分が配合されているものがおすすめです。

コンタクトレンズを装着したまま寝ない!

コンタクトレンズを装着しているとレンズが涙を吸い取るため、どうしても目が乾きやすくなります。コンタクトレンズは正しく使用し、装着したまま寝たりすることは避けるようにしましょう。

ストレスの発散!

日頃のストレスが溜まっていると、自律神経を司る交感神経が優位になるため、涙が出にくい状態になります。そのため、日頃から湯船にゆっくりと浸かったり、好きな音楽を聴いてリラックスしたり、散歩やウォーキングなどをしてストレスを発散するように心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です