このページの先頭です

疲れ目対策!目の疲れを取るストレッチ方法とグッズ!

58views

投稿日:

目のストレッチで疲れ目を改善する方法!

長時間集中して目を酷使するパソコンでの作業や読書などは、目に大きな負担となります。目の周りには、眼球や瞼(まぶた)を動かす筋肉がありますが、この筋肉が固まってしまうと、疲れ目となってしまうのです。目を酷使するとまばたきの回数が自然と減るために、目が乾燥してより疲れやすくなり、ドライアイにも繋がります。

そして、目が疲労したり、ドライアイになってしまうと、常に目の痛みや乾き、重く感じるといったさまざまな症状が出たり、ひどい場合には偏頭痛や肩凝り等へと症状が悪化することもあるのです。長時間に渡り目を酷使する場合には、1時間に10分程度の休憩を取るようにし、目を十分に休めるようにしましょう。

また、目を休めている間に、目の周りの筋肉を解すストレッチを行うことで、疲れ目対策となり、疲労の改善やリフレッシュに繋がります。では、簡単にできる目のストレッチを見ていくことにしましょう。

疲れ目改善グッパグルグルストレッチ!

まず、瞼(まぶた)をギュッと固く閉じて、その後パッと大きく見開きます。この動作を数回繰り返した後、右回りに1回転、左回りに1回転、ゆっくりと円を描くように両目を回しましょう。疲れ目がひどい場合には、これらの動作を数回程度繰り返すようにしましょう。

また、まばたきをすることで目の乾燥を防ぐことができ、眼球を動かすことで目の周りの筋肉がほぐれて血行が良くなるため、目の疲れが解消されます。

疲れ目改善遠近ストレッチ!

まず、3mくらい先の物を見てから、次に30cm程の近くの物を見ます。そして、この一連の動作を10回程度繰り返していきましょう。もし、可能であれば、屋外で対象物をより遠めに設定すると良いでしょう。この目の動きは、目の周りの筋肉を解し、目の疲れを解消する効果が期待できます。

眼球体操ストレッチ!

目の疲れの原因のひとつとして、目の周りの筋肉が緊張状態にあることが考えられます。そのため、眼球を意識的に動かすことで目の筋肉を解し、緊張から解放させることができます。

まず、背筋を伸ばして真正面を向き、顔を動かさずに視線を大きく上と下にゆっくりと動かしていきます。続けて左右、左斜め上から右斜め下、次に右斜め上から左斜め下の順番で動かしていきましょう。そして、最後に右回り、左回りにぐるりと回します。この時、顔や首、肩などを動かさないように注意し、視線だけを大きく動かすのが眼球体操ストレッチを行う際のポイントです。

目が疲れる主な原因は、目の酷使によるものなので、これらのストレッチをこまめに行うことで血行が良くなり、疲れ目の解消に繋がります。また、それでも目の疲れが解消できないような場合は、眼科を受診することも大切です。目の疲れが蓄積していくと、心身共に影響が及ぶため、しっかりとケア対策することが大切です。

手軽に目の疲れを取る方法!

多忙な現代人にとって、目の疲れを感じたらすぐに改善策を取ることが大切です。目の疲れをすぐに取るためには、手軽にできることがポイントです。手軽に目の疲れを取る方法については、マッサージがおすすめです。

ツボ押しマッサージ!

まず、目の周りの骨を指の腹で押さえ、気持ち良いと感じる部分を少し強めに押してみましょう。この場合、皮膚をこすらないように注意し、眼球を押さえつけることのないように優しく押していくようにしましょう。目の周りのツボ押しマッサージをすることで、目だけではなく、頭や首、肩などもスッキリするため、集中力などがとぎれた時に行うのもいいでしょう。

こめかみのマッサージ!

まず、こめかみに中指と薬指をあて、優しく円を描くように回していきましょう。但し、力を入れすぎないように注意しましょう。疲れ目を感じた時に、溜めておかず早めに目の疲れを取ることが大切です。このマッサージを習慣付けることで、頭痛や肩凝りの予防にも繋がるため、気付いた時に行いましょう。

日常的に取り入れたい疲れ目解消グッズ!

目の疲れの原因は、パソコンやスマートフォンのブルーライトだけではありません。目の使い過ぎで起こるドライアイや精神的ストレス、血行不良からも生じる可能性があります。目の疲れを悪化させないためには、予防や改善対策を取り、早めに解消することが重要です。そして、疲れ目対策に効果的なグッズを日常に取り入れるようにしましょう。

目薬の使用!

目薬を使用すると、視界がスッキリしたり、爽快感が得られるため、手軽な疲れ目解消グッズの代表的なものと言えるでしょう。特に、パソコンやスマートフォン、テレビなどを長い時間見た時に、目薬で目に潤いを与えるとドライアイを防ぐのにも有効です。

また、ドライアイの場合には、防腐剤の入っていないタイプの目薬をおすすめします。他にも、目にいいとされるビタミンが配合されたタイプなど、さまざまな疲れ目に対応したものが市販されているため、自分の症状に合ったものを選ぶようにしましょう。

ホットアイマスクの使用!

目の疲れが特にひどいと感じる場合は、蒸しタオルを目の上に乗せて、目の周りの血液循環を良くすることが手軽な疲れ目解消法です。蒸しタオルの作り方は、水で濡らしたタオルを電子レンジなどで温めると簡単にできます。蒸しタオルが熱くなり過ぎた場合には、適度に冷ましてから使用するようにしましょう。

また、目の周りには交感神経から副交感神経に切り替わるスイッチがあるため、血行を良くすることでリラックス効果も期待できます。また、就寝前に目を温めることにより、良質な睡眠をもたらす効果なども期待できるため、ストレス解消に繋がります。

疲れ目に効果的な成分って何?

アントシアニン!

一般的にブルーベリーが目にいいというのは、よく知られています。また、現在行われている研究でも、ブルーベリーに含まれているアントシアニンという成分が視力低下を防いでいるのではないかと考えられています。このアントシアニンは、ブルーベリーの青紫色を作り出しているポリフェノールの一種であり、強い抗酸化作用により、老化の原因となる活性酸素を取り除く働きなどもあります。

基本的にブルーベリーは、そのままでも美味しく食べることができ、ジャムなどの加工食品や、サプリメントなどでも手軽に摂取することができます。ブルーベリーに含まれているアントシアニンは、身体に蓄積されにくく24時間以内に排出されてしまうという性質を持っているため、目の疲労対策のためには、毎日続けて摂取することが重要です。

ルテイン!

人の目は、ブルーライトや紫外線などを常に浴びている生活を送っているため、視細胞に与えるダメージがとても大きく、常に活性酸素が発生しやすい環境にさらされています。目に良いとされるルテインは、緑黄色野菜に多く含まれているカロテノイドの一種で、強い抗酸化作用を持っています。

そして、ルテインは水晶体や黄斑部に存在しており、有害な光から発生する活性酸素を取り除く働きがあり、また、紫外線だけでなく、パソコンやスマートフォン、テレビなどから発生するブルーライトを吸収する光フィルター効果が期待できると言われています。

しかし、目とって重要な役割をしているこのルテインは体内で作り出せないため、食べ物やサプリメントなどから摂取しなければなりません。そして、摂取することにより、目が守られ、目の働きをサポートしてくれる効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です